kisaku2の山風景

主に中部圏内の山を四季を通じて撮った山の風景写真のブログです。

  •  

  • Sort by

    Category: 東海の山   Tags:  登山道    

    ほほえみの径 伊木山

    キューピーの鼻からは水辺のへの道がありますが、西口「へ戻るには登り返すか北側をぐるりと回ってもどらなければ
    ならず、山頂に向かって戻ります。
    鞍部にも分岐がありますが、更に少し登ったところにある「ほほえみの径」に入ります。
    上人洞へとの案内もあり、多分、播隆上人の修験場だろうと思います。
    20200627-30.jpg
    山腹につけられた緩やかな巻道の感じがの中に続きます。
    20200627-31.jpg

    20200627-32.jpg

    20200627-34.jpg
    ところどころ展望が開け、木曽川が見えてます。
    20200627-35.jpg
    6月27日撮影

    にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト



    Category: 三河の山   Tags:        

    シンボルツリー 葦毛湿原

    カキランも以前ほど多くなく、がっかりして帰ります
    20200620-90.jpg

    20200620-91.jpg
    葦毛湿原駐車場近くの公園のシンボル的な大きな手を広げた様な
    いつ見てもすごいなぁ~って。
    20200620-92.jpg

    20200620-93.jpg
    にはカイツブリの親子が気持ちよさそうに泳いでました。
    20200620-94.jpg
    6月20日撮影

    にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
    にほんブログ村
    Category: 三河の山   Tags:    登山道      

    巨木と苔と 茶臼山アテビ平

    むした橋、後半小鳥茶屋に近づくと多くなりますが、そのいくつかは滑りやすく注意。
    何回かツル!とやりました。
    20200620-50.jpg
    大きな根上りの
    20200620-51.jpg
    かなり上までびっしりの生えた
    見てても楽しいです。
    20200620-52.jpg
    すっかり期が終わった水芭蕉の大きな葉
    20200620-53.jpg
    これは初めて見ました。
    ザゼンソウの葉です。
    ぐるりと回って小鳥茶屋へ戻ってきました。
    小鳥のとあったんですが、聞こえた鳴き声はほんの少しだけでした(^^;)。
    まだお昼前ですので場所を移動します。
    20200620-54.jpg
    6月20日撮影

    にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
    にほんブログ村
    Category: 三河の山   Tags:        

    ギンリョウソウ 茶臼山アテビ平

    相変わらず綺麗なと立派なです。
    20200620-40.jpg

    20200620-41.jpg
    案内板にあった馬の丞へ行ってみましたが、
    どこだか解りませんでしたが、ただ小高い丘の様なところに灰皿が置いてあったので、多分、ここが馬の丞だろうとお見ます。
    ところで馬の丞の意味はなんでしょうね。
    20200620-42.jpg
    馬の丞はぐるり回ってもとに戻るルートになっています。
    途中から「休憩所」の案内板。
    多分小鳥茶屋を示しているかと思い、そちらを進むと足元にギンリョウソウが。
    アテビ平で初めてみたです。
    20200620-43.jpg

    20200620-44.jpg

    20200620-45.jpg
    6月20日撮影

    にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
    にほんブログ村
    Category: 三河の山   Tags:  登山道    

    馬の背 茶臼山アテビ平

    せせらぎの径から標高差70mの急登が始まります。
    横に広がったの根にびっしり生えた苔の塊や朽ちたの株を見ながら登っていきます。
    20200620-30.jpg

    20200620-31.jpg
    結局のところ、ここが馬の背と言うところはなく、この両側が谷の尾根全体で馬の背と言う名称で現したものかと思います。
    20200620-32.jpg

    20200620-33.jpg

    20200620-34.jpg
    「馬の背」を登りきって緩やかになると倒壊した休憩所があ現れました。
    屋根の材質や中を覗いてみると、普通の東屋と違って、倒壊する前は結構、立派な建物だったのではないかと思われます。
    せせらぎの径と違って、あちこちにベンチが現れます。
    こっちがメインのルートなんでしょうね。
    20200620-35.jpg
    6月20日撮影

    にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
    にほんブログ村
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    > < 07