kisaku2の山風景

主に中部圏内の山を四季を通じて撮った山の風景写真のブログです。

  •  

  • Sort by

    Category: 三河の山   Tags:      

    ビリビリ苔岩 茶臼山パワースポット

    から更に下っていくと大きな長方形のが立っていました。
    回り込んで見てみると緩やかな曲線のの姿。
    見る向きによってかなり印象が違っていました。
    20190803-40.jpg

    20190803-41.jpg
    一旦、道路を横切り、しばらく進むとポツンと苔むしたが目に飛び込んできます。
    手を近づけると4人に3人はビリビリ感じるそうですが、残念ながら感じない一人になってしまいました(笑)
    この苔むしたが「ビリビリ苔石」だそうです。
    20190803-50.jpg
    それよりも苔石の周囲のを覆い尽くした根とか岩の上に生えてる木のほうが気になりました。
    20190803-51.jpg

    20190803-52.jpg
    「ビリビリ苔石」のすぐ近くには「カエル館」があってワンと鳴くカエルがいるそうです。
    そのカエル館の入り口には亀甲岩が....そう言えば寧比曽岳にもこんなのが有りましたねぇ。
    20190803-53.jpg
    8月3日撮影
    スポンサーサイト



    Category: 三河の山   Tags:      

    森の中 茶臼山

    草原からの中へ。
    むす展望台の階段や、所々ある階段は土が流されて階段様に設置された横木だけが残っており歩きにくくなってます。
    の中は展望が開けませんがいろんな木を見てると結構、面白いもんですね。
    に覆われた幹にちっちゃなキノコを見つけたり....久しぶりにセミの抜け殻を見つけました~
    20190803-10.jpg

    20190803-11.jpg

    20190803-12.jpg

    20190803-13.jpg

    20190803-14.jpg

    20190803-15.jpg
    8月3日撮影

    Category: 三河の山   Tags:  登山道      

    不快指数100 座談山

    湿度100%超え!不快指数100 ちょっと動いただけで嫌な汗でびっしょり濡れてたまりません。
    座談山からの帰路は舟形山の鞍部まで行って巻道でもどりました。
    スポットライトの様に明かりが射している様な一息峠。
    葦毛湿原までもう少しの下りです。
    服もズボンもべっとり濡れて車のクーラーでやっと乾いて一息つきました。
    20190720-30.jpg
    アキノタムラソウ
    20190720-31.jpg

    20190720-40.jpg

    20190720-41.jpg

    20190720-42.jpg
    7月20日撮影

    Category: 三河の山   Tags: 展望    登山道  

    無風 座談山

    少し動くだけで汗でじっとり!湿度が高く無風状態ではかなり体力を消耗してしまいます。
    20190720-20.jpg

    20190720-21.jpg
    稜線へあがる最後の階段。
    20190720-22.jpg
    じっとりしたの中を抜けて稜線にあがれば、多少風が....駄目だねぇ、そよりとも吹いていません。
    まぁまぁの展望が広がっていましたが。
    20190720-23.jpg
    座談山から神石山、浜名湖方面の展望
    座談山もまったく風が吹いていませんでした。
    20190720-32.jpg
    7月20日撮影

    Category: 三河の山   Tags: 梅雨      湿原  

    梅雨の合間に 座談山

    梅雨空が続くなか、ピンポイントの梅雨の合間を狙って弓張山地の座談山へ行ってきました。
    登山口はいつもの葦毛湿原から。
    湿気がすごいです。
    駐車場近くの池には鳥たちが....気持ちよさそう~
    20190720座談山ルートマップ

    20190720-00.jpg

    20190720-01.jpg

    20190720-02.jpg

    20190720-04.jpg

    20190720-03.jpg

    20190720-10.jpg
    7月20日撮影

    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    > < 08